探偵料金の仕組み

探偵事務所へ依頼する場合、特にその料金が気になりますよね。結構な大金が必要になるイメージがありますが、実際に結構お金が掛かるようです。と言っても、探偵事務所にはいろいろな名目で料金が発生するので、最初の料金とは全然違う金額になってしまったということも少なくないようです。それでここでは探偵事務所の料金を見ていきたいと思います。また、インターネットで探偵と検索して各探偵事務所のWebサイトを覗いてみて料金を見てみるといいでしょう。いろんな料金があるので最初はきっと戸惑ってしまうことでしょう。

料金が気付いたら増えていてビックリ!!という探偵事務所の料金システムを探っていこう。

2名1時間の単価

まず、探偵事務所は基本、2名で行動するので料金も2名分の1時間の単価で計算します。

というのも、探偵は一人では行動に制限が出てきてしまうからです。一人ではトイレにも行くことが出来ないなど現場から離れることが出来ませんし、作業の効率がとても悪いです。なので、最低でも料金は2名で計算するのが妥当です。

逆に、どれくらいまで増やせるんでしょうかね?2名で最低人数だと考えると、3名〜4名くらいではまだ多くはないですかね。これくらいがちょうど良いくらいの人数なんでしょうか。もし離れた場所で同時に調査する必要がある場合なんかは2+2でそれにあと一人くらいで5人が必要になる依頼もあるでしょうか。

6名〜7名くらいになるとさすがに多いですかね。でも実行する係りと待機して指示したりコンピュータをいじったりしてる(映画の見すぎか;笑)がいるとこれくらいがベストな人数になるんでしょうかね。こんなに大人数で大統領でも誘拐するのかって突っ込んでおきましょう。庶民レベルだと浮気調査が多いと思われますので、浮気調査でそんなに大人数も使うことはあまりないでしょう。でも依頼によって人数が変化するのが面白いですね〜。

まぁ、お金が有り余っているなら浮気調査で10名以上を雇って映画さながらに調査を行うのも面白いかもしれませんね。

調査料金の相場

調査料金の相場ってどのくらいでしょうか?ざっとWebサイトを見回ってみると、2名で1時間の単価で計算すると、大体一万四千円くらいから二万円ほどになっていました。1名で1時間だと七千円〜一万円ほどでしょうか。

これだけだったらさほど計算は難しくないのですが、探偵料金の難しさはここからなんです。この2名1時間の単価とは別に料金が設定されていて、車両料金だったり撮影器材の料金、基本料金も別で設定されていたり、ビデオのフィルムの料金、更には深夜料金や延長料金、などなどいろんな名目の料金が設定されている。深夜料金なんかは、探偵なら深夜に動いてなんぼだろう!と突っ込みたくなるような料金が設定されていたり…。

この料金設定はどこの探偵事務所でも設定されているものではなくて、探偵事務所によって設定されていなかったりします。そこは抑えておきましょう。

まず個人的に思うのが、探偵の調査能力によって調査時間は大きく変わるのに、時間単位で料金が設定されているところに疑問を感じます。それだったらある程度スキルがある探偵事務所でも時間をかければその分お金をもらえますよねぇ。何時間パック料金なんかも設定されているようですが、うーん、疑問は拭えません。だっておかしいですよね、確かに時間は早く済む分には越したことは無いですが、時間がかかることで依頼内容が成功か失敗かなんてことはないのですから。こんな細かい料金設定をするよりも、浮気調査は何万円とかどーんと決められている方が依頼人の立場から考えると依頼しやすいと思いますが皆さんはどうでしょうか?

pickup

小顔矯正を池袋で行う

最終更新日:2017/11/16